足の臭い対策や体臭は定年退職後も気を付けている

十三番目の体臭 > 足の臭い 対策 > 足の臭い対策や体臭は定年退職後も気を付けている

足の臭い対策や体臭は定年退職後も気を付けている

足の臭い対策や体臭は定年退職後も気を付けている私の経験談を紹介しましょう。

私が、自分の体臭で特に気になる場所は足です。

若い頃ほど汗をかかなくなったので、昔ほど臭わなくはなったのですが、それでも1日中、目一杯、靴を履いていると、脱いだときにポワッと匂っていました。

現在の仕事は定年後のパート勤務で、1日に6時間の内勤で外回りも接待も、同僚とのアフター5もありません。

朝、靴を履いて自宅を出ると、靴を脱ぐのは家に帰ってからになるので、自分の体臭で誰にも迷惑をかけることは無いのですが、昔は足の臭いで苦労していたので、その時に実践していた対策を今でも引き続き実践しています。

私の足の臭いの具体的な対策方法を紹介しましょう。

靴は4足ほど持っていて、毎日、必ず交互に履き替えます。

靴の中には消臭用の下敷きを敷いています。

職場では出来るだけサンダルを履いて、汗をかかないようにしています。

靴下は、昔は二足~三足は替え用を必ず持って行っていましたが、今はあまり汗をかかなくなったのと、人前で靴下になる機会がほとんど無くなったので、それでも万が一を考えて、替え用の靴下を最低1枚はカバンに入れて持って行っています。

後は、靴を脱いだら必ず市販の消臭剤をスプレーして足の臭い対策をしています。

これらが効果を発揮しているのか、帰宅して靴を脱いだ後のあの独特のすえたような足の臭い、自分の体臭はせずにすんでいます。

足の臭い対策ラボ